iPhone画面修理の前にバックアップを

iPhone修理情報館

iPhone画面修理の前にバックアップを

iPhone画面修理の前にバックアップを アップルストアや、正規サービスプロバイダ認定の店舗にiPhoneの修理を依頼する場合の規定では、デバイスに保存されたデータの保持は保証されていません。
あらかじめiPhoneのバックアップを取り、修理に出すことが出来れば、さまざまなケースに対応できます。
一見、画面修理と内蔵ストレージは関係ないと感じるかもしれませんが、画面が損傷するほどの衝撃ですから、他のパーツも損傷している可能性を捨てきる事ができません。
また、指紋認証のTouch IDを採用したiPhone5s以降のモデルからは、セキュリティの関係から、デバイスのパーツの整合性が厳密にチェックされるようになりました。
もしもそれが一致しなかった場合は、エラーを出して、正常に動作することが不可能になってしまうことがあり、修理のプロセスの中で、デバイスの初期化が必要になることがあります。
修理内容やAppleCare+の保証適用によっては、代替機の貸し出しや、リフレッシュ品との交換をしてもらえることがあります。
この場合は、バックアップを書き戻せば、修理前と同様の環境で再び使用することができます。
以上のような理由からも、たとえiPhoneの画面修理であっても、あらかじめバックアップを取っておくことをおすすめします。

iPhone画面修理で写真は流失しない?

iPhone画面修理で写真は流失しない? iPhoneの画面修理を依頼するに当たってリスクとしてよく心配されるのが写真などのデータ流失です。
最近では大手の事業者でもデータを流出させてニュースになることがありますから、こうしたリスクを心配するのは当然ですし、リスクを考えることができるというのは非常に良いことでしょう。
ただiPhoneのデータ流失が画面修理の際に発生するのかと言われると、それは基本的に心配ありません。
もちろんごく一部の悪質な業者だとそうしたことを行うリスクはありますが、少なくとも大半の事業者にとってデータの流失が起きたとなると極めて大きな信用問題になります。
もし個人情報や写真データを買ってくれる会社から業者に声がかかったとしても、そんなところに売るよりはお客さんのiPhoneを修理して売り上げを立てた方がはるかに効率的ですから、データについては特に心配はいらないでしょう。
しかしリスクとしてはゼロではないため、画面修理を依頼する際にはしっかりと業者を品定めする必要があります。
過去にトラブルを起こしたことはないか、修理の実績はあるか、技術や知識には問題ないかといったところはきっちりとしらべ、安心して依頼できる業者に作業を任せるようにしてください。

おすすめトリミングスクール情報

プロのトリマーを目指す方にオススメのスクール。

カコトリミングスクールの評判を口コミでご紹介!